Pensamiento

- el hombre es una caña que piensa -

創造の種と身体に栄養を。

ありがたいことにゴールデンウィークはお休みを頂けていたと言いつつも、自営業なので仕事をしようと思えばできたのに休業したということになる。

今日はそんなGW最終日。

先週末のGW初日2日間は、函館にてお仕事しその後は自分の時間を満喫。

お休みしたとはいえ、次の仕事のために「心」に「身体」に栄養補給だったり、お世話になっている場所の清掃をしたり、ルエダフェスに向けた振り付けの再構成だったりと積極的に時間を使えたんじゃないかとは思ってる。自分が何に時間を使ったか記録することを意識しだすと、これから何をするかを意識することに繋がる。

あとで自分何をしてたかな?と思い出すより「これからこれをする、よーいスタート」と、何分に始めて、何分に終わった。じゃー次はこれをしよう。

自分にたいして、これから「コレをするよ」と言ってから始める。この効果の大きさを感じている今日この頃。

そんな大事な時間を使って十和田へ行ってきた。黒石の山奥から、八甲田山の曲がりくねった道を抜け、半分車酔いを残してたどり着いた十和田市。まず立ち寄ったのは

ハワイアンレストラン フォーティーナイナー 十和田店

期間限定オープンの時にはパンケーキがメインのお店だったのが、あまりの人気のため(前回行ったときも平日なのに人が引っ切りなしに来ていた)この5月から常設店へとなり、また行きたいなと思っていた。

今日はGW最終日ってこともあって、12:30着いて30分位待ちになるほど行列ができていた。

f:id:hatezki:20180506132329j:plain

ロコモコを食す。(ほかにもガーリックチキン、エスプーマ ホイップベリー パンケーキなんていう、おしゃれなパンケーキも...あまりにホイップの山が美味しそうで勢いで食べてしまって写真はない。写真はこちらから

お腹を満たし身体に栄養を注入し、エネルギー充電完了。

常設店になっても依然として人気のお店、十和田市立現代美術館を見るついで、どっちをついでにするかはあなた次第だ。

営業時間 : 午前10時 ~ 午後3時(水曜日は午後2時まで)
定休日: 月曜日

住所:青森県十和田市東十一番町23-35 cafe フォーリーフ内
TEL:0176-58-5805

fortyniner.jp

次なる目的地は、

十和田市現代美術館

フォーティーナイナーから、車で5分も掛からない場所にあるTowada Art Centerちょっと英語でカッコよく書いてみた。
なんでこんなところに(失礼だが)フォーティーナイナーをオープンさせたのかな?と疑問が湧いたが、美術館へ向かう途中に「この近さなら、美術館に来た人も行きやすいし、その逆もまた同じだな」と妙に納得する。

towadaartcenter.com

出迎えてくれるのは、あのお馬さん。

f:id:hatezki:20180506143936j:plain

まずは常設展を巡る。写真撮影OK。第一の部屋には巨大なおばあちゃん。肌、髪の毛、爪、血管 すべての質感がリアル、そして巨大。

f:id:hatezki:20180506152458j:plain

ほかにも部屋はあったけど、デカイものの次は、面白かった樹脂製の小人達。肩車しあっている小人達。

f:id:hatezki:20180506151113j:plain

引きで見るとこんな感じ。

f:id:hatezki:20180506151119j:plain

なんということでしょう。数万体もの小人達が肩車しあい重なった姿、圧巻。白いのもそう。

ほかには、こんなものや。。。

f:id:hatezki:20180506150458j:plain

奈良美智さんの絵が

f:id:hatezki:20180506152114j:plain

ということで、気づいたことは現代美術すきだな〜ってことでした。精巧に描かれた、絵画や彫刻にも畏敬の念をもつけれども(そこまでちゃんと芸術見たことはないのでなんとも言い切れないが)、こうした現代アートと呼ばれる、枠に捕らわれないモノ達にとてもワクワクさせられる自分がいる。それらを生み出すアーティスト達にもまた興味をもつし、どっからそんな発想湧くんですか!?と突っ込みをいれたくなる。

そんな感情を持たせてくれる美術館を巡る旅これからも続けて行きたいな〜

創造の種にもたっぷり栄養を注いだGWも終わって明日からまた仕事頑張ろうと思うのでした。

アディオス!