読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Pensamiento

- el hombre es una caña que piensa -

キューバ共和国 Republíca de Cuba

キューバに行こうとしている人なら、キューバがどこにあるかはもう知っているとは思うけども確認しておきましょう。

北米大陸と南米大陸の間、カリブ海に位置する国でカリブ海に浮かぶ島々のなかでは最大の大きさです。
余談ですが、キューバのカタチは、カイマン(ワニ)が横たわったカタチに見えるらしく、キューバサルサの歌の中にも登場する。ちょっと自分にはどう見ても想像がつかないんですが。。。



キューバは本州の半分ほどの大きさで、ハバナを拠点に観光をするならバスや車を利用すると、東端までたどり着くのには20時間くらい、1日あれば端から端へたどり着くことができる。

自分もダンスの勉強の合間に、現地で知り合った人達と、元はキューバの首都であったキューバの東に位置するサンティアゴ・デ・クーバや、その近隣の県、バラコア、オルギンなどにも旅行をした。
1週間でキューバの東側の街を旅行するという、強行スケジュールだったけども今は楽しい思い出になった。そのことについてはべつの機会に触れていくことにします。

ということで、1週間で回れてしまう(忙しいですが)キューバなので、実際に車やバスで回ってみると、それほど大きな国じゃないという感じがします。

キューバのそれぞれの街はさほど大きくない、観光地を回る程度なら1日や2日あったら見て回るには十分すぎる時間だと思う。それでも、曜日によって見られる場所やショーなんかあったりするので、実際はもっと時間が必要になるはずです。



日本からキューバまでの時間は、エアカナダを使うと成田→カナダ・トロン経由で、20時間。
他の国に行ったことがないので遠いのかどうかはわからない。20時間やそこらで地球の裏側までたどり着いてしまうのだから、時間を尺度に世界をみたら、あんがい地球は大きそうに見えて、実はそれほど大きくないんじゃないかなんて、錯覚してしまう。

そう見ると遠い異国の地も「数時間で行ける隣の街」のような感覚になって旅なんて簡単さなんて思えてくるのは自分だけだろうか?
日本でも青森から九州は長崎まで車で旅行したことがあり、その時は、昼夜車を走らせて24時間ほどで行けました。(子供のころの話なので自分の親が交代交代運転してましたが)

それに比べたら、キューバに行くのは九州に行くよりも簡単(短時間)で「あれそんなに敷居は高くないゾ」なんて思えてくる。

と話はそれましたが、キューバ共和国の人口や成り立ちについては、ここで書くよりもWiki Pedia などの方が詳しく載っているのでそちらを参照してみるとよい

キューバ - Wikipedia

キューバという人の中で、新たな自分を発見する 

f:id:hatezki:20140608182620j:plain

世の中は、様々な技術が発展して移動が早く楽になり、インターネットがさらに人と人の距離を縮め、繋がることが簡単になってきている。便利だけど、ときどき煩わしく感じたりもする。

キューバでも携帯電話を持つ人が増えてきていて、街を歩くと音楽を聞きながら歩いたり、電話をしたりメールを打ったりしている。Cubacel(キューバの唯一の携帯電話会社)には毎日行列が出来ているし、全員が携帯購入希望者ではないけど、プリぺイドカードを買うために並んだりと、携帯電話が一般層にもだいぶ普及している。

今こうしてブログを書いて、インターネットの恩恵に授かってるけど、キューバに居ると、携帯なんて、こんなに遅いインターネットにお金払うのはもったいないし、無くても生活に困らないんじゃない?と思う機会が多かった。

彼らからしたら、日本などの技術が発展した国々には大きな憧れがあるんだとは思う、怒られてしまうかもしれないけど、自分からしたら今のままのキューバであって欲しいなんて思う。どこかのんびりとした空気と人が溢れる街。日本では信じられないほど気さくに話かけてくる人達、まぁ時々腹立たしいこと言われたりもするけど、そんな人達がキューバという空気を作り出していると思う。

そう思うのは、自分が多少恵まれた日本という国の、普通の家族の家に、五体満足に生まれたからそいういえるんだというのは、もう一人の自分が知っている。

人生のこの時期に、キューバという国に行けたことは、自分を知るいい機会になった。ネットでも外のことを知ることは出来るし簡単だけど、やっぱり実際に体験してみて自分の現実になる。

留学や旅、どんな理由でもいいと思う「ただ行ってみたい!」それだけでも理由としては十分なんじゃないか?自分の国をでることに臆病になっているなら、とりあえず行ってみるのがいいと思う。
一度出て、そこに行ってしまえば、それが日常になる。ハバナだって毎日住んでたら、地元もかわりない。って感覚になる。溶け込むことで、見えてくる自分との違い。
留学や旅はそれを感じるいい機会を与えてくれるものなんだということを実感しました。

ってことであまりキューバ自体の紹介にはなっていませんが、詳しいことはキューバ - Wikipediaでw

広告を非表示にする